カスタム検索

スピードラーニングの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


本気の教材選びを応援。スピードラーニングの世界一詳しい評価。
以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ効果と特徴体験談評価口コミ
良く頂く質問オススメ勉強法サンプル紹介購入方法解約の方法

サイトナビ ホーム > 日本語と英語の違いを意識して英語脳を作る

日本語と英語の違いを意識して英語脳を作る

 英語を学習することにすごく大事なのは『日本語と英語の違い』を意識すること。私はこの違いを意識することによって英語力が大きく伸びました。



日本語と英語の 一番の違いは、 文章の構成の違い。
つまり英語は、 『主語(S)+動詞(V)+目的語(O)』ですが
日本語は、『主語(S)+目的語(O)+動詞(V)』
日本語と英語では 主語の後の 動詞と目的語の順番が逆となっていることです。

ごく当たり前のことですが『日本語と英語は違う言語』なのです。でも皆さんはその違いを明確に意識できていますか。何が違うかを意識漬け出来ていますか。
動詞が主語のすぐ後ろにくる英語は、日本人にとっては決定的なです。特にそれが顕著に現れるのが英語理解スピードです。

『日本語と英語は違う言語』です。この違った言語の変換作業を頭の中で行なえば、英語の理解スピードは大きく下がります。
日本語の感覚がしみついている私達には主語のすぐ後に動詞が来ることをはじめ英語の文章構成を意識付け出来ていないのです。

※ちょっと余談ですが、、、言語とはイメージの変換作業です。

例えば、2人の男が 日本語・英語のどちらが優秀か言い合っているとします。
(つまらない例えですがご勘弁を)




この時には 『優秀』だという頭の中のイメージ を『優秀』という言葉に置き換えて発しています。2人の男は 頭に思い浮かんだイメージ の言語変換作業を頭の中で行なっているのです。そして日本人が英語を考える場合に置き換えると、イメージ → 日本語 → 英語 の順に訳しているのです。

じゃあどうしたら理解のスピードを上げることが出来るの?

英語への直訳は訓練次第です。慣れればスピードが飛躍的に上がります。どのような訓練を行なったらいいのかというと、スピードを上げる訓練は『英語で考える癖』をつけること。スピードラーニングでは英語が話された後に日本語が話されます。これは自分が英語を「イメージ」で理解できているのかを確かめるのにすごく良い教材。

英語の直訳での練習に使えるスピードラーニング、サンプルCDもありますので興味があれば試されてみてはいかがでしょうか。


スピードラーニング英語公式ページ(お申し込み等こちらから)



Copyright (C) 2010 スピードラーニングの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.