カスタム検索

スピードラーニングの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


本気の教材選びを応援。スピードラーニングの世界一詳しい評価。
以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ効果と特徴体験談評価口コミ
良く頂く質問オススメ勉強法サンプル紹介購入方法解約の方法

サイトナビ ホーム > スピードラーニングで受験英語も学習できるのか

スピードラーニングで受験英語も学習できるのか

 スピードラーニングで受験英語も勉強できるでしょうか。
受験生にとっては少しでも英語の点数を上げるために藁にもすがりたい思いかもしれません。



でも、受験英語にスピードラーニングはお勧めできません。スピードラーニングが悪いのではなくて、受験英語と相性が悪いのです。

スピードラーニングは日常会話を題材とした英会話教材です。そのため、文法や長文読解には焦点が当てられていません。受験では日常ではあまり使わない文法や難解な長文も出題されます。それらをスピードラーニングで学習することは出来ません。

もちろん、意味がない訳ではありません。基本的な単語や表現を学ぶ教材として優れているスピードラーニング。英語学習としては効果的だと思います。

ただし、受験勉強の期間は長くて3年間。回り道をする時間はないはずです。英語試験ではリスニングもあるかと思いますが、スピードラーニングではなく、受験英語用の教材が近道。英語だけの学習ではなく、他の教科の勉強時間まで考えると効率性を最優先にすべき。


もし、通学時間やお風呂に入っている時間など、余りの時間をもてあましているなら、スピードラーニングは使える教材。センター試験のリスニング対策など考えるとリスニング力を上げておくことは受験に有利なのは間違いなく、CD学習のメリットを活かして使える時間を学習に当てる。

それに大学へ入ってからも英語学習は切っても切れません。一般教養で英語の授業もありますし、論文を書くときに英語の文章を参考にするなんてことも多いはず。
英語の地力をつけるという意味を考えた場合に、早いうちから学習をしておくことは長い目でみたら有利なことだと思います。


まず、受験のためにやるべきことを最優先に考えて、学習時間を使うべき。やりたいことが出来ないつらい時間かと思いますが受験まで頑張りましょう。


スピードラーニング英語公式ページ(お申し込み等こちらから)



Copyright (C) 2010 スピードラーニングの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.