カスタム検索

スピードラーニングの世界一詳しい評価

トップページ |

サイトマップ

| 管理人紹介 | お問い合わせ | 公式サイトへ行く | 相互リンク募集


本気の教材選びを応援。スピードラーニングの世界一詳しい評価。
以下興味のあるカテゴリからお選び下さい
サイトトップ効果と特徴体験談評価口コミ
良く頂く質問オススメ勉強法サンプル紹介購入方法解約の方法

サイトナビ ホーム > 「聞き流すだけで話せるようにはならない」英語を話すトレーニングを取り入れる。

「聞き流すだけで話せるようにはならない」英語を話すトレーニングを取り入れる。


 英語が話せるようになりたい
。それはあなたの英語表現の引き出しの数がカギだと思います。そんな意識を持てばスピードラーニングの学習効果が上がります。



英語が話せる」とはあなたの伝えたいことを英語で表現できること。つまり、頭に描いたことが言葉にできるかどうか。
英語で道を尋ねられたことはありますか。この道案内、実は簡単なのです。なぜなら"go straight to 〜"と"turn right/left at 〜"の2つを組み合わせれば道順は説明できるからです。後はあなたが頭に思い浮かんだ道順を説明に当てはめればOK。

また海外旅行でレストランのオーダーで困ったことはありませんか。これも実は簡単。オーダーするときに"I will take 〜"もしくは"Can I have 〜"を頭につけて欲しいものを頼みます。
相手は「何か注文をするな」と予想して聞いてくれます。だから多少発音を間違えてもちゃんと伝わります。ちょっとしたオーダーのコツです。

このように日常の英会話は定型表現の組み合わせで成り立っています。英語が話せるかどうかは色々なパターンにおいて表現が身についているかどうか。各パターンにおいて100回も繰り返して練習すれば自然に覚えられると思います。

日本にいれば英語に触れる機会はあまりありません。そのために日常英会話の練習機会に欠けます。これが日本人が英語が出来ない要因の一つだと思います。

そこで取り入れたいのがリピーティングという学習法。様々なシーンを題材にリピーティング(相手の話したことをオウム返しで声に出す)することで仮想英会話を行うことが出来ます。スピードラーニングでは日常会話からからビジネス英語まで色々なシーンが登場します。これを聞き流すだけでなく「
オウム返し」することで英会話の教材としての価値が大きく上がります。



 海外旅行の時に英語がうまく通じず悔しい思いをしたことはありませんか。実はちょっとしたコツで旅行英会話が出来るんです。

第一に最低限の英語知識があること。旅行英語で使う英語は簡単なものですがトレーニングを積んでいることは前提です。(あくまでざっくり)100時間ぐらいの旅行英会話のトレーニングが必要だと思います。

旅行英会話のコツは、相手に向かって「あせらず大きな声で」ゆっくりと話すこと。「当たり前のことを・・・」と思うかもしれませんが、英語に慣れていない日本人は小声で早口で話すことが通常です。決してうまくない英語を早口で話されたら、まず相手は聞き取れません。その場合、相手は「なんて言ったの?」と聞き返してきますが、小声かつ早口で話していることが原因だと多くの人が気付かずにいるため、別の言い方をしようとして・・・結果通じない。

片言の英語でも通じます。但し声が小さい早口で話すのは論外です。日本語でもそうですよね?聞く側の立場に立って考えれば、ゆっくり、大きな声で話すのが大事なのは一目瞭然のはず。英語もコミュニケーションですから聞きやすい声で話すのが当然。「頭で分かっているけど出来ていない」英会話の重要なポイントです。

さらに、ゆっくり話すことで相手も同じスピードで返事してくれる可能性が高くなります。あなたの「ゆっくり大きな声で」話す言葉には「ゆっくり返してください」という意志のキャッチボールが込められることになるはずです。

ハワイやグアムなどの日本人が多い観光地は、英語が通じやすい地域です。日本人の英語に慣れている、また相手もゆっくり話してくれるからです。
一方、アメリカ本土やイギリス、オーストラリアなどは現地で話す英語のスピード。遠慮なしのスピードで話してくることもしばしば。そんなときは「ゆっくり大きな声」を意識づけて話しましょう。相手も「はっ」と気づいて、ゆっくり、且つわかりやすく返事してくれるはずです。それはあなたが会話のペースを作るきっかけとなります。そうすれば、意思疎通が図りやすいはずです。

自分の意思が通じる海外旅行は楽しさ数倍。基礎学習さえきっちりすれば必ず意思疎通が出来ますあとはゆっくり落ち着いて話すだけです。



スピードラーニング英語公式ページ(お申し込み等こちらから)



Copyright (C) 2010 スピードラーニングの世界一詳しい評価 All Rights Reserved.