スピードラーニング第17巻:アメリカ到着

第17巻はアメリカ到着。

第17巻はアメリカ最大の都市ニューヨークに家族がやってくるところから始まります。ニュージャージーやロングアイランドなどアメリカ人なら常識の説明から
アメリカで生活を始めるところが説明されます。

日常英会話を通して学習するのがスピードラーニング。
文法のエッセンスが詰まった第17巻最初の2文を紹介します。

Mr and Mrs Ono meet Miss Chen on a plane to New York.(小野夫妻はニューヨーク行きの飛行機の中でチェンさんと会います。)
We will soon be arriving at John F Kennedy international airport.(ジョンFケネディ国際空港へまもなく到着いたします。)

will soon be arriving
このような文法はTOEICや英検などテストに頻出です。will + 進行形の「未来進行形」にsoon(副詞)の位置をどこに挟むかがよく問われます。
答えはwillの後ですね。こういった語順を意識して学習すれば学習効果が大きく上がります。

このように、スピードラーニングは文法のエッセンスの詰まった文章で構成されています。くりかえし学習することで効果が得られます。

※第17巻の学習項目と内容

項目 学習量 学習できる単語・熟語の紹介 表現の紹介
アメリカ到着 21ページ commute(通勤する)、beggar(物乞い) business card(名刺)
車でお迎え、止められて 23ページ neglecting(放置している)、pedestrians(歩行者) ball game(野球の試合)
ヤンキースタジアム 29ページ souvenirs(おみやげ)、participate(参加する) mid-July(7月中旬)
アメリカン・ドリーム 14ページ attendees(出席者)、permanent(永久) racial discrimination(人種差別)

スピードラーニング英語公式ページへ