スピードラーニング第18巻:アメリカの夏休み

第18巻はアメリカの夏休み。

アメリカの長い夏休みすごく長い。長い休みを利用してサマーキャンプに参加したり、いろいろなイベントを経験します。

最初の2文を例に挙げて、第18巻とスピードラーニングの特徴がよくわかる、頻出英会話と英文法が盛り込まれた文章を紹介します。

まず、最初の文章は

It’s summer, Mr and Mrs Ono send kenji to summer camp. (夏に小野夫妻はケンジをサマーキャンプに行かせます。)

日常会話に良く出るけど、実際に会話を聞くと ぱっと思い浮かばない のがMr and Mrs で「夫妻」の表現。
こういった表現は繰り返し聞くことで慣れていくしかありません。

次の文章は超頻出文法を学習することが出来ます。

Children have a very long summer vacation in America. (アメリカでは子供たちにとても長い夏休みがあります。)

英語は 副詞は形容詞を修飾し、形容詞は名詞を修飾する ルールがあります。
TOEICテストでは必ずこの問題が出題されるほど超重要文法です。ここではveryがlongを修飾し、longがsummer vacationを修飾しています。

a(the) + very(副詞) + long(形容詞) + summer vacation(名詞) (とても長い夏休み)

このように頻出英会話と英文法が学べるのがスピードラーニングの特徴です。

第18巻で学習出来る主な内容

項目 学習量 学習できる単語・熟語の紹介 表現の紹介
サマーキャンプ 27ページ kindergarten(幼稚園)、clown(ピエロ) one-on-one(マンツーマン)
別荘にて 35ページ primal(重要な)、accommodation(宿泊施設) and so on(などなど)
バハマへ 32ページ intermidiate(中型)、insurance(保険) be disappointed(がっかりする)

スピードラーニング英語公式ページへ